知ってた?毛皮の種類はこんなに豊富

毛皮の種類は原料になる動物によってさまざま

毛皮のコートや毛皮の製品というと、動物から採取するのですが、その動物はみんな同じ動物から採取しているのがほとんどだと思っている方も多いことでしょう。
しかしながら毛皮になる動物というのはかなりの種類があり、その動物によって値段や質感なども当然変わってくるのです。安価な製品には大量生産ができる毛皮ばかり使われているのですが、高級価格帯の物になると、希少動物から採取された毛皮が使われることも多く、手触りも最上級のものになっています。毛皮を購入する場合に質感にこだわるのならば、まずはどんな動物から採取された毛皮なのかを調べて、希少性の高い動物あるいは、小動物などの毛皮を買えばその品質の高さについては問題がありません。

小動物は全体的に質感がいい

大型動物から取れる毛皮の場合には、ゴワつきなどがあり、質感が良くないこともありますが、小動物から取れる毛皮のほとんどが良質な品質でできています。
小動物の毛皮の質感が良好な理由としてまず一番なのが体の小ささです。体が小さいということは体表に生えている毛もかなりきめ細やかであり、毛の細さからその質感の高さが生まれているのです。
また小動物の毛皮の場合には、大量生産が非常に難しいため、プレミア価値が付いているのです。もちろん小動物の毛皮がすべて高級であるとは限らないのですが、ほとんどの小動物の毛皮が軒並み良質な質感であることが多いため、毛皮の愛好家の中には小動物から作られた商品しか使わないという人も居ます。