覚えておこう!毛皮の保管方法のポイント

光が当たらない場所に保管する

毛皮を買い取りへ出すときに、汚れや痛みがあると査定も大きく下がってしまいます。毛皮はデリケートな素材なので、保管方法をしっかり考える必要があるでしょう。そこで、ぜひ覚えておきたい、毛皮の保管方法について紹介してみたいと思います。
まずは、毛皮を保管する場所についてです。毛皮は紫外線の影響を受けやすく、日光が当たる場所で保管すると変色の恐れがあります。そのため、クローゼットの中など、光が入らない場所で保管することが大切です。毛皮のコートを保管する場合には、サイズに合った大きさのハンガーを使うことで、型崩れを防ぐことができます。なるべくスペースに余裕を持たせて、毛皮がつぶれないように収納しましょう。

メンテナンスをしてから保管する

毛皮はメンテナンスをしっかり行っていれば、長く愛用できるものです。状態の良い毛皮ほど、買い取り金額も高くなっています。毛皮を保管するときには、毛皮の状態をしっかりチェックすることも大事になってくるでしょう。
急な雨などで毛皮が濡れてしまった場合には、タオルなどで優しく水分をふきとります。毛皮が濡れているときはダメージも受けやすいので、完全に乾くまでは丁寧に取り扱うようにしましょう。
飲み物をこぼしてしまった場合には、濡らしたタオルで軽く叩くようにして汚れをとっていきます。毛皮に汚れが残っていると、虫食いも起きやすくなってしまうでしょう。汚れが落ちないときには、クリーニング店へ持っていくのが安心です。